お住まいの場所を選択する

ヴァシュロン・コンスタンタン

途切れることのない歴史

266年におよぶ途切れることのない歴史

1755年から現代まで、時計製造は絶え間ない試行錯誤の繰り返しでした。メゾンの大いなる歴史の背景には、語られてこなかった様々なストーリーがあります。

1755

ジャン=マルク・ヴァシュロン メゾンの始まり

24歳の熟練の時計職人のジャン=マルク・ヴァシュロンは、彼の最初の見習い職人との雇用契約書に署名し、技術を継承する意志のもと、時計製造工房を立ち上げました。この雇用契約書によって、ヴァシュロン・コンスタンタンの誕生を告げる証明書となり、こうして創業以来一度も途切れることなく続いた系譜を絶やさず、また一度も第三者に経営を譲ることなく時を刻んできた世界最古のマニュファクチュールが誕生します。

1755

ジャン=マルク・ヴァシュロンが作った最初期の懐中時計

ヴァシュロン・コンスタンタンの伝統を誇る、ムーブメントに“J.M.Vacheron A GENEVE”と刻印されたこのシルバーの時計は、そのファーストネームによってメゾンの創業者が誰であるかを明確にしている唯一のタイムピースです。メゾンの創業者のファーストネームが刻印されている唯一のタイムピースとして知られています。搭載されているバージ脱進機が優れた金細工の腕を示し、ムーブメントの中で真っ先に目に入るテンプ受けも、精巧なアラベスク装飾が施され、卓越した職人技を披露しています。この技術と美しさの両面における高いスタンダードが、やがてメゾンのアイデンティティを形作っていきます。

1785

志を受け継ぐ者:アブラアム・ヴァシュロン

1785年、ジャン=マルク・ヴァシュロンの息子、アブラアム(1760~1843年)が工房を引き継ぎます。彼は、フランス革命、その後のフランス総裁政府軍によるジュネーブ併合といった厳しい状況の中でメゾンを切り盛りしました。 父親から学んだように、アブラアムも時計製造の仕事を息子のジャック・バルテルミー・ヴァシュロンに教え受け継ぎます。

1810

ジャン=マルク・ヴァシュロンの孫息子が家業を継承

ジャン=マルク・ヴァシュロンの孫息子、ジャック・バルテルミー・ヴァシュロン(1787~1864年)が家業の経営を引き継ぎます。

この時期にヴァシュロンは、 2種類のメロディーを随意に奏でるミュージカルウォッチなど、より複雑な時計を製造するようになりました。さらに、ジャック・バルテルミー・ヴァシュロンの決断によって、ヴァシュロンの時計がスイスの国境を越えて、最初はフランスに、続いてイタリアに輸出されるようになりました。

1812

複雑機構のマスター

時計の複雑機構は、時・分表示以外の追加機能です。このクォーター・リピーターウォッチは、エナメル加工の文字盤、ギヨシェ、ヴァシュロン・コンスタンタン コレクションから引き継がれたエングレービングを施したケースは、メゾンの熟練した時計製造技術を表しています。

アイコン ウォッチを見る
1819

フランソワ・コンスタンタンとの運命の出会い

創業者の孫息子、ジャック・バルテルミー・ヴァシュロン(1787~1864年)が経験豊かなビジネスマン、フランソワ・コンスタンタン(1788~1854年)を共同経営者に迎えたことにより、社名が新たに“ヴァシュロン&コンスタンタン”となります。

詳細を見る
1819

モットーの誕生

ジュネーブ生まれの2人は、高度な技術を備えた複雑時計に対する熱い想いを共有していました。ビジネスセンスに優れたフランソワ・コンスタンタンが、世界中を飛び回り、30年の間に新しい市場を数多く開拓していきます。1819年7月5日、フランソワ・コンスタンタンがイタリアのトリノから1通の手紙を新たにパートナーとなったジャック・バルテルミー・ヴァシュロンに送ります。そこには後にメゾンの信条となる次のフレーズが書かれていました。

「常に最善を尽くすこと、それは常に可能である」

1824

初期の時計製造技術

イエローゴールド製のこの時計は、ブルーのシャンルヴェ・エナメルによってイタリアの地図が優美に描かれています。2色使いの文字盤の特徴は、ミニッツスケールに囲まれた1から12までのローマ数字と6時位置のスモールセコンドです。

ディテールへのこだわりや細工の正確さが、コート・ド・ジュネーブの伝統を余すところなく示しています。

詳細を見る
1839

ジョルジュ=オーギュスト・レショーが技術責任者に就任 - パンタグラフで花開いた時計技術のルネサンス

ジョルジュ=オーギュスト・レショーが残した多くの発明品の中でも、パンタグラフはムーブメントの部品類の製造を可能にしました。パンタグラフはその後さまざまな大きさへと変化し、徐々に衰退していきました。 この発明は1844年、「ジュネーブ産業界にもたらした最も価値ある発見」として、芸術協会から名誉あるリーヴ賞が贈られました。

1869

ポケット クロノメーター

ヴァシュロン・コンスタンタンは、早くからジュネーブ天文台で開催されたクロノメーター・コンクールにエントリーし、高い評価を受けます。これによってコンクールで次々と新記録を打ち立てていく時代が到来します。この18Kイエローゴールド製ラウンド型クロノメーター懐中時計には、6時位置にスモールセコンド、ホワイトエナメル文字盤に11のローマ数字、外側にミニッツトラックの1869年製です。

1880

マルタ十字のロゴ誕生

ヴァシュロン・コンスタンタンのシンボルであるマルタ十字は、ベルンにあるスイス連邦知的財産庁に登録されています。 メゾンの精度を追求する姿勢を象徴すべく選ばれたこのシンボルは、ぜんまいのトルクを出来る限り一定に保ち、それによってより高い精度を実現するために香箱のカバーにかつて取り付けられていたムーブメント部品のデザインに着想を得ています。

1889

女性のための腕時計

この時計は、初めて女性のために製作された腕時計のひとつです。その出現はセンセーションを巻き起こしましたが、それは20世紀初頭になるまで、懐中時計が市場を席巻していたからです。

この時計には、繊細なエングレービングが施され、2人の女神の翼をかたどった見事なブレスレットが付き、文字盤の周りはダイヤモンドで飾られています。リュウズがバランスの取れたデザインの妨げになるため、メゾンはベゼルを回転させることで時刻を設定できる創意工夫に富んだ仕組みを開発します。

1906

クロワゾネ・エナメルの懐中時計

1906年に開催されたミラノ万国博覧会で、ヴァシュロン・コンスタンタンがウォッチ・コレクションを発表すると、その美しさが審査員たちを感動させ、グランプリが贈られます。 このイエローゴールド製の懐中時計は、そのコレクションで発表されたもののひとつです。

クロワゾネ・エナメルで見事に描かれたアザミの模様が裏面を飾る一方、2色のシルバーカラーの文字盤は、手作業で精巧に作られたギヨシェ装飾が中央に施されています。 その優れた装飾性は、ジュネーブ時計製造の伝統が、当時洗練さの絶頂にあったことを物語っています。

1906

最初のブティックがオープン

20世紀が始まるとすぐ、ヴァシュロン・コンスタンタンは、ルーマニアのマリア王妃、ヘンリー・ジェイムズとウィリアム・ジェイムズの兄弟、 ジェローム・ボナパルトの孫息子に当たるナポレオン公といった、名だたる顧客からの注文を受けるようになります。

自らが製作するラグジュアリー・ウォッチをそれにふさわしい環境の中でディスプレイするため、ヴァシュロン・コンスタンタンは、1906年8月1日、最初のブティックをジュネーブのアイランドビル1階にオープンします。

詳細を見る
1907

「クロノメーター・ロワイヤル」懐中時計

1907年、メゾンは初の「クロノメーター・ロワイヤル」を発表。当時製造されていた他のどんな時計とも異なっていたため、あっという間に世界的なヒット商品となります。 これまで時計が適切に機能できないと思われていた過酷な天候でもびくともしない、その伝説的な堅牢性、信頼性、高精度が、この時計を手にした人々から高く評価されます。

1916

パティアラのマハラジャのための腕時計

1914年から1915年にかけて、メゾンは、フランス語でパイプを意味する「テュイヨ」と呼ばれる小さな長方形のムーブメントを製作します。 長さわずか26ミリメートル、幅6.5ミリメートルの「バゲット」型ムーブメントの原型であるこのムーブメントは、1916年に女性向け腕時計のために製作された湾曲したタイプが有名です。このパティアラのマハラジャ、ブピンドラ・シン卿が所有していた世界に唯一のユニークピースは。ゴールドとダイヤモンドが使われ、透かし加工、彫金、エングレーヴィングが施されたケースの精巧な職人技がため息を誘います。長方形の湾曲した地板上の「バゲット」型ムーブメントによって、横から時刻を読み取ることが可能となっています。 また、フロステッドシルバーの文字盤を1から12までのアラビア数字が飾っています。

1918

パッカード ウォッチ

一世を風靡した自動車技師であり、時計コレクターとしても有名だったアメリカ人のジェームズ・ウォード・パッカードのために製作されたこの懐中時計は、シンプルな見た目のデザインの陰で、類稀なる複雑な機構が隠れています。

グラン・ソネリでは、時間の経過に合わせて、時単位と15分単位で音が鳴る一方、プチ・ソネリでは、15分単位での時打ちで時間のハンマーは常に1回しか鳴りません。さらに、この驚くべき懐中時計には7分30秒単位のハーフクォーター・リピーターまで搭載されています。 また、ギョーム補正テンプ、ロッククリスタルガラス、エングレーヴィングを施した20Kゴールド製ケース、裏面のブルー・エナメルによるオーナーのモノグラム、といった特徴があります。

1921

米国市場向けの腕時計

このクッション型ケースのアヴァンギャルドな腕時計は、「狂騒の20年代」と呼ばれた活気溢れる1920年代の米国市場向けにひそかに製作されたものです。1時位置にリューズを配し、11個のアラビア数字、ミニッツスケール、スモールセコンドを備えたホワイト・エナメルの文字盤を傾けることによって一目で時刻を読み取ることを可能にしています。

1920年代アメリカの何も怖いものがなかった時代のムードを映し出しているこの傑作時計は、ヴァシュロン・コンスタンタンの高い技術力とクリエイティブなスピリットを具現しています。このオリジナル・モデルは、2008年に発表された「ヒストリーク・アメリカン 1921」で復刻されています。

1929

グランドコンプリケーション 懐中時計

1929年にエジプト在住のスイス人たちがエジプト国王フアード1世に贈ったタイムピースです。クロノグラフ、パーペチュアルカレンダー、ミニット・リピーター、グラン・ソヌリとプチ・ソヌリが組み合わされた懐中時計は、まさにその時計製造の卓越の技を余すところなく披露しています。

ケースバックはエナメルで描かれた王室の紋章で飾られています。このイエローゴールド製の懐中時計には、ブラックの10個のアラビア数字、12時位置に曜日・日付表示窓、9時位置に月・年表示サブダイヤル、3時位置に30分計、6時位置にスモールセコンド付きのムーンフェイズ表示を備えたシルバーの文字盤が付いています。

1932

31のタイムゾーンを備えた世界初の時計

1932年、ヴァシュロン・コンスタンタンとルイ・コティエとのコラボレーションにより、「コティエ・システム」を採用した最初の時計、ワールドタイム(リファレンス 3372)が誕生しました。他に類を見ないこの機械式ムーブメントでは、中央のダイヤルを中心に回転するディスクと、31の主要な国際都市の名前が書かれている外側のベゼルによって、24のタイムゾーンを指定できるようになっています。 今日においても、メゾンが手掛ける利便性に優れた最初の複雑機構といえます。

1946

ファルーク国王のために時計を製作

ヴァシュロン・コンスタンタンは、エジプト国王フアード1世の息子であり、オートオルロジュリーをこよなく愛していた父親の美意識を受け継いだファルーク国王のために超絶級の複雑時計を製作します。14のコンプリケーションを搭載したこの傑作の完成までには、5年の歳月が費やされました。

1954

オスカー俳優のマーロン・ブランドが着用したヴァシュロン・コンスタンタンの時計

職人の手作業によるギヨシェ装飾の文字盤が目を引くリファレンス 4877は、1954年6月24日に、オスカー最優秀男優賞の記念としてザ・ザ・ガボールから有名なアメリカ人俳優マーロン・ブランドに贈られました。現在、ザ・ザ・ガボールの献辞が刻印されたこの唯一無二のタイムピースは、ヴァシュロン・コンスタンタンのメゾンのヘリテージ・コレクションに収められています。

1955

史上最薄を実現した腕時計

ヴァシュロン・コンスタンタンは創業200年を記念して、エレガンスを極めた時計作りに着手しました。 そしてメゾンが生み出したのが、史上最薄の手巻きムーブメント。厚さはスイスの20セントコインと同じわずか1.64ミリメートルです。ジュネーブ・シールの認定を受けた「キャリバー1003」が、超薄型ムーブメントの代表格となりました。

1955

タコメータースケール搭載クロノグラフウォッチ

見事なホーンラグを特徴とするこのイエローゴールド製の耐磁性で耐水性のケースが、経過時間カウンターを備えたコラムホイール・クロノグラフ・ムーブメントを保護しています。また、磁気の影響から守る軟鉄で全体を包まれたムーブメントが特徴になっています。文字盤には3時位置に30分積算計、9時位置にスモールセコンドが配されています。進化したスタイリングによって、時代を代表する魅力的なクロノグラフが誕生します。

1956

6073

クラシックな文字盤、独創的なケース、アバンギャルドな技術部品。6073モデルは、1950年代のメゾンの創造性と洗練された時計製造技術を証明しています。現在においてもどのモデルよりも優れた卓抜性があり、薄く、エレガントなラウンドウォッチです。ラグの一つ一つがマルタ十字の一部を表している、ユニークなケース付きのタイムピースです。

1957

ヴァシュロン・コンスタンタンのクラシックなスタイル

エレガンスが見直されるようになった1950年代に考案された超薄型でありながらも従来型のラウンドウォッチは、驚異的な信頼性を提供する一方で、メゾンならではのクラシカルなスタイルが特徴となっています。余分な装飾を省き、考え抜かれたデザインは必要十分な機能を備えており、あらゆるディテールが端正としたラインにアクセントを加え、流行に左右されないデザインの美しさを引き立てています。

1950年代に着想を得て再解釈され、2004年に発表された「パトリモニー」コレクションは、メゾンの過去のコレクションへ敬意を表して製造されました。

1972

Diplôme Prestige de la France(フランスの威光)

1972年6月、フランス政府が稀少で誰もが憧れる「Diplôme du Prestige de la France(フランスの威光賞)」をヴァシュロン・コンスタンタンに授けました。

メゾンは、アシンメトリー(左右非対称)の曲線を描くケースとオーバル型ムーブメントを特徴とする新しいデザインの腕時計を発表したことにより、この類稀なる栄誉に輝いた世界初のウォッチメゾンとなります。

1977

222年目の大冒険

1977年にメゾンの創立222年を記念して発表されたモデルです。ブレスレットが組み込まれたそのモノブロックケースは、過酷な環境下での使用にも耐え得る、舷窓スタイルのネジ留めベゼルを特徴としていました。その個性的なキャラクターによって、この象徴的なモデルは40年以上にわたりメゾンの中でも最も有名なデザインのひとつとなり、「オーヴァーシーズ」コレクションの特徴的なデザインの着想源にもなっています。

アイコン ウォッチを見る
1979

カリスタ
光り輝く時計の傑作

1キロの金塊から作り出され、トータルで130カラットとなる118個ものダイヤモンドがセットされたモデル「カリスタ」(ギリシャ語で「最も美しい」の意味)が至高の輝きを放つ高級腕時計として注目を集めます。

このマスターピースにふさわしいエメラルドカットのダイヤモンド全てを揃えるのに5年の歳月を要し、完成までに費やした時間は6,000時間を優に超えます。

1992

キャリバー1755 – 世界最薄のミニット・リピーター

卓越した超薄型ムーブメントを手掛けてきたその伝統へのこだわりから、メゾンは1940年代に製作されたスタイルでミニット・リピーター用ムーブメントを復活させることを決めます。

1922年に発表されたキャリバー1755は、わずか3.28mmの厚さにより世界で最も薄型のミニット・リピーターとなりました。

1994

メルカトルへのトリビュート

本名をゲラルト・デ・クレーマーという、フランドルの著名な数学者・地理学者は、地球を平面上に描き出し、史上初の世界地図を作成したことで知られています。 ヴァシュロン・コンスタンタンにとって「旅」は頻繁に取り上げられる主要テーマであったことから、メルカトルの名を冠したコレクションを発表することで、この地図製作者の没後400周年を祝福しました。

美しい文字盤にはメルカトル自身が描いた両半球の地図がエナメルで再現され、コンパスの形をしたレトログラード針は、今回のために特別に考案されました。

1996

旅の精神

1996年、オートオルロジュリーのテクニカルでスポーティな側面にスポットライトを当てた「オーヴァーシーズ」コレクションがメゾンに登場します。さりげなくエレガントで絶妙なラインを特徴とするデサインによって、このモデルは今の時代にふさわしい「旅」がテーマとなっています。ピュアなスタイリングは、機械式時計としての卓越性を反映しています。

2001

レディ・キャラ

ヴァシュロン・コンスタンタンは、「レディ・キャラ」ハイジュエリー タイムピースにより、ジュネーブ・ウォッチグランプリで最優秀賞、エギューユ・ドール(金の針)賞に輝くことになります。

2004

「パトリモニー」の再解釈

完璧なラウンドシェイプと無駄のない美しさ。「パトリモニー」は、限りなく純粋なスタイルを具現化したコレクションです。2004年に復活した、徹底したミニマリズムに基づくアプローチを反映し、端正なラインと緩やかなカーブの美しいバランスが印象的なこのエレガントなコレクションは、1950年代のヴァシュロン・コンスタンタンのモデルに着想を得たスリムなケースが独自の個性を主張します。

2004

プラン・レ・ワット(スイス)に国際本社をオープン

2004年8月9日、プラン・レ・ワットにヴァシュロン・コンスタンタンの新しいマニュファクチュールが建設されます。

著名な建築家、ベルナール・チュミ氏によって設計された現代的な建物は、マルタ十字を半分に切った形で、昔のように、経営、管理、製造などのメゾンの機能が集められました。

詳細を見る
2005

250年におよぶ卓越したクラフトマンシップを祝う

創業250周年を祝い、ヴァシュロン・コンスタンタンは、時計製造に関わるメゾンの超絶技法を余すところなく披露する5つの卓抜なクリエーションで構成されるコレクションを発表しました。
この記念すべき年を祝い、メゾンは手作業でエングレービングが施されたピンクゴールド製の球体のハイコンプリケーションのユニークなミステリークロックと、これまでにない世界で最も複雑な時計である「トゥール・ド・リル」ウォッチを発表しました。
ヴァシュロン・コンスタンタンの「トゥール・ド・リル」ウォッチは、ジュネーブ・ウォッチグランプリで最優秀賞、エギューユ・ドール(金の針)賞に輝きました。

2007

レ・マスク

2007年、ヴァシュロン・コンスタンタン は「メティエ・ダール・マスク」シリーズを発表しました。熟練の時計職人の時間と空間を駆け抜ける長い旅路は、人類のルーツへとつながり、人の心の最も美しい表現のひとつを反映しています。その結果、ルビエ=ミュラー美術館に所蔵されるプライベート・コレクションコレクションの中から選び出された12種類の仮面が、ゴールドカラーで復活しました。これらは文字盤の中央に堂々と配置されています。このコレクションはヴァシュロン・コンスタンタンの歴史、世界に対してオープンなその精神を見事に反映しているのです。

2015

260周年記念 ‐ 最高のリファレンス57260

2015年9月17日、メゾンの260周年記念日に発表された「リファレンス57260」は、これまで製作された時計の中で最も複雑な作品です。着想に8年間をかけ、57もの複雑機構を搭載しています。熱心な収集家の要望により製作された「リファレンス57260」は、レ・キャビノティエ の一部であり、個々の要求に合わせて卓越した作品を作るという私たちの伝統を貫いています。ヴァシュロン・コンスタンタンの57260モデルは、ジュネーブ・ウォッチグランプリ審査員賞を受賞しました。

2017

セレスティア・アストロノミカル・グランド・コンプリケーション

ヴァシュロン・コンスタンタンが発表したレ・キャビノティエ・セレスティア・アストロノミカル・グランド・コンプリケーション 3600は、非常に複雑なタイムピースです。機械式手巻きムーブメントであるそのキャリバー3600は、3つの独立した輪列で3種類の異なる時間を表示する機能を含む23もの複雑機構が組み合わされています。さらに、3連結された6個の香箱によって3週間も持続する驚異のパワーリザーブも備えています。小型化と精密機械技術の真の快挙とも呼ぶべきこのキャリバーは、514個もの部品をわずか8.7mmの厚さにまとめ上げています。
「レ・キャビノティエ・セレスティア・アストロノミカル・グランド・コンプリケーション 3600」は、ジュネーブ・ウォッチグランプリでメカニカル・エクセプション賞を受賞しました。

2018

フィフティーシックスの発表

フィフティーシックスは、1956年に発表されたアイコニックなヴァシュロン・コンスタンタンのモデルを想起させる名前と数字です。このモダンでエレガントな、親しみやすいコレクションは、コスモポリタンなスタイルで、クラシックな文字盤と大胆なデザインのケースとのコントラストが個性を表現しています。ケースはメゾンの象徴であるマルタ十字のエンブレムにインスピレーションを得ており、オープンワークのピンクゴールド製のローターにも採用されています。

2020

エジェリー

「エジェリー」は、ヴァシュロン・コンスタンタンの女性のイメージから発想され女性に向けた新たなコレクションです。オートオルロジュリーとオートクチュールが出会い、二つの世界をクラフトマンシップ、精密さ、卓越した技、美しいデザインで多様に表現しています。「エジェリー」というメゾンの新たなミューズは、新しいコレクションが文字盤に紡ぐ女性らしい煌めきをもたらします。布の“ドレープ”のように見えるクラシカルな表情に現代女性らしい遊び心もさりげなく盛り込まれたこの時計は、想像をかきたて、独自のカリスマ的な個性を発揮します。

メゾンの世界観を 体験する

世界各地にあるヴァシュロン・コンスタンタンのブティックで、真の時計製造のクラフトマンシップを腕に感じてください。

ブティックを探す