生まれ変わったアイコン

1921年の製作当時を忠実に再現する アイコニックな「アメリカン 1921」

過去と未来を結ぶ架け橋

ヴァシュロン・コンスタンタンは、「アメリカン 1921」の100周年にあたり、自社のアーカイブや時計製作における卓越した技術を徹底的に調べ上げ、当時を代表するモデルを忠実に再現しました。

この特別な作品の創作には、メゾンのレストレーション(修復)工房とヘリテージ(歴史遺産)部門の専門知識が1年間に渡って動員されました。

この時計産業初とされる試みは、ヴァシュロン・コンスタンタンが遺産や伝統的な技術の保存、継承、継続的な強化に取り組んでいることを反映しています。

このモデルが1921年に製造されたのは24本でした。2021年に発表されたこのユニークなピースは、狂騒の20年代の創意豊かな世界を振り返り、1世紀前に実践された職人技の美を復活させるのに最も適した時計です。

オート・オルロジュリーの技の永続に取り組むヘリテージと レストレーション部門

この時計の製造には、マニュファクチュールのアーカイブの調査に数カ月、その考察と所見に数週間、数多くの実験、そして成功しなかった試みや成功した試みなどが必要でした。 

アンティークの工作機器と道具

当時行われていた手作りの行程を再現するために、職人たちは、ヴァシュロン・コンスタンタンのヘリテージ部門に保管される歴史的な道具で作業しなくてはなりませんでした。これらの年代ものの機械には、20世紀初頭に使われていたものに合わせてカスタムメイドされたフライス盤やリベット機のように、このプロジェクトのために特別に作られた工具で補われています。職人たちは、それによって当時と同じように作業ができ、その時代に行われていた工程や繰り広げられた技術を厳密に再現できます。 

ヴィンテージ ムーブメントの再現

この注目すべき製造方法の成果が、製造技術の伝達と強化、絶え間ない充実に対するヴァシュロン・コンスタンタンの確固とした取り組みを象徴する、この特別なコレクターズ アイテムに実を結びました。

精巧な職人技を駆使した特別の ダイヤルとケース

再生する
クリスチャン・セルモニとアレックス・ゴトビのインタビュー

@THEHOURLOUNGE でフォローする

異なる角度からのエレガンス

プレイリストを見る

狂騒の20年代から現代に至るまでのアメリカの音楽の変遷をつめこんだ21曲。 

見る