修復の技

修復、ヘリテージの維持

1755年から現在に至るまでの貴重なヘリテージコレクションを維持し、何世紀も前のムーブメントを鼓動させ続けるために、ヴァシュロン・コンスタンタンはお客様に修復サービスをご提供しています。これによって、お客様のタイムピースを世代から世代へと確実に受け継ぐことができます。

独自のタイムレスな専門性

メゾン内では12人の時計師が修復作業を専門に行っており、2世紀も前のもしくは何十年も前のノウハウを不朽のものとするため努力を重ねています。できるだけオリジナルに近い状態で時計の機能やデザインを維持するため、可能な限りオリジナルの部品を使っています。部品が破損、摩耗、腐食している場合は、ブランドの伝統や基準に従ってまったく同じ部品を製作しています。

ヴァシュロン・コンスタンタンが修復した紛れもなく最古のアイテム。

1824年に作られたクォーター・リピーター ポケットウォッチ。イタリアからのこのタイムピースは、恐らくフランソワ・コンスタンタンによって販売されたものであり、Vacheron & Cの名前が刻印されたテンプ受けを備えていました。

メゾンのアーカイブの中心で

世界中から持ち込まれるすべてのアンティークウォッチはまずヘリテージ部門の専門家に手渡され、本物であるかの鑑定がされます。この専門家は、メゾンのアーカイブを入念に調べ、時計のオリジナルの状態を正確に判断します。

この極めて重要な手順の後に、時計師は行うべき作業範囲を特定し、修復の見積もりを準備します。見積もりが承認されたら、マニュファクチュールの在庫に代替部品がないか探し、ない場合には部品をまったく同じものを一から作ります。必要に応じてアトリエにいるメゾンの熟練のジュエリー職人、ギヨシェ職人、ジェムセッター職人に依頼します。

「過去を知ることは、我々が何者であるかを理解することである」

卓越性を復活させるための挑戦

修復のアトリエにはやむを得ない制約があります。アトリエには最新の機械も備え付けられていますが、作業によっては19世紀の道具を使用して行わなければならないものもあります。これらの機械は、修復作業を行うためには欠かせません。修復を担当する時計師のうち2人が旋回とセッティングの、もう2人がディテールの専門家です。これには、それぞれの手を使って時計に新しい命を吹き込むため、究極の精度と手先の器用さが必要となります。

レ・コレクショナー

19世紀後半から20世紀半ばまでのウォッチ。メゾンで本物であることが鑑定され、修復され、2年間の保証が付けられています。

見る

ヴァシュロン・コンスタンタンのアトリエを見る

高い付加価値のある活動である修復は、ジュネーブにあるマニュファクチュールで行われています。メゾン内にある3つのアトリエが18世紀から制作してきた最も貴重な宝物の修復を専門に行っています。その内の2つはオーナーが購入したタイムピースの修理を行っています。その2つのアトリエのうちの1つは最近のコンプリケーションを備えた時計用で、もう1つはおよそ1930~1980年の間に作られた時計用です。3つ目のアトリエは、個人所有のかなり古いタイムピースやユニークピースの修復、そしてメゾン所有のヘリテージピースの維持を行っています。

技術規定に則したサービス

お客様のヴァシュロン・コンスタンタンの時計のメンテナンスは専門家の手に委ねられます。

サービスセンターを探す

ヴァシュロン・コンスタンタンの時計を実際に見る

世界各地にあるヴァシュロン・コンスタンタンのブティックで、真の時計製造のクラフトマンシップを腕に感じてください。

ブティックを探す