Jump to main content
Vacheron Constantin - レ・キャビノティエ、究極のビスポーク サービス - Header

レ・キャビノティエ、究極のビスポーク サービス

お客様の時計専門技術に対する夢を完璧に実現すること、それがレ・キャビノティエ部門の使命です。 時計製造業において唯一無二のこの独自サービスは、メゾンの専門知識とお客様の要望を満たす能力に基づいています。時を極めて複雑に、または詩的に表現したり、どのような要望でも可能であります。所有者の選択のすべてが時計に永遠の個性を与えます。

大胆な夢の体現

このような特別な要望の多くは、秘密のベールに包まれています。常識では考えられない、大胆で贅沢なこれらのアイテムは、その見た目以上の物語を秘めています。所有者だけが語ることができる物語からすべては始まるのです。熱心な芸術愛好家の1人は、文字盤にグラン・フー・エナメルの素晴らしいペインティングを再現することを望み、恋する詩人であるもう1人は、愛する人の誕生日に年に1回だけ動くソヌリを思い描き、グランドコンプリケーションを知り尽くした3人目は、これまで試みられたことのない機械式時計の傑作を夢見ています。想像でしかない要望であっても、そのすべてが実現可能です。

アポイントメントを予約する
  • Vacheron Constantin - Bespoke

    リファレンス57260

    これまでにない世界で最も複雑な時計

  • Vacheron Constantin - Bespoke

    ザ・ダンサー

    文字盤には2つの星の結びつきが芸術的に表現されています。

  • Vacheron Constantin - Bespoke

    ブラッドミア

    手作業で装飾が施された891個の部品を備えた、技術面およびデザイン面に優れた作品です。

  • Vacheron Constantin - Bespoke

    フィロソフィア

    高級時計製造に詩的な時の表現を見事に組み合わせるというパラドックスを秘めています。

相互の信頼

1755年の創業以来、メゾンは顧客との特別な関係を維持しており、ビスポークのタイムピースを制作できる優れた時計メーカーとしての専門知識を駆使しています。顧客の要望に耳を傾け、常に意見を交換することは、それぞれの願望を実現するためのキーワードです。数多くの逸話が残っており、この偉大なる伝統を見事に描き出しています。アレクサンドル2世からニューヨークの銀行家ヘンリー・グレーブス・Jr.、自動車メーカーの創業者ジェームズ・ウォード・パッカード、エジプト王のフアード1世とファルーク1世まで、全員がヴァシュロン・コンスタンタンによって制作されたユニークピースの素晴らしいコレクターでした。これらの高名な顧客たちの具体的な期待を理解し、それらを唯一無二のタイムピースに変換する方法を知ることは、軽んじることのできない芸術の形式です。

  • Vacheron Constantin - Bespoke

    エジプト王ファルーク1世

    3つのゴングを備えたソヌリを搭載したこの懐中時計は洗練の極みです。

  • Vacheron Constantin - Bespoke

    フアード1世

    洗練されたコンプリケーションと8本の針を備えたたぐい稀なタイムピースです。

  • Vacheron Constantin - Bespoke

    ジェームズ・ウォード・パッカード

    見た目はシンプルなこのアイテムは、その下に非常に複雑な機構を隠しています。

  • Vacheron Constantin - Bespoke

    パティアラのマハラジャ、ブピンドラ・シン殿下

    このアイテムは、これを身に付けている人との間に親密な時間を作り出します。

レ・キャビノティエ・ウェストミンスター・ソヌリ

2013年にプロジェクトが始まった「レ・キャビノティエ・ウェストミンスター・ソヌリ - ヨハネス フェルメールへ敬意を表して-」は特注品のユニークピースで、オート・オルロジュリーから装飾美術に至るまで、ヴァシュロン・コンスタンタンが培ってきた多彩な専門技術がふんだんに盛り込まれています。搭載する新しい自社ムーブメントのキャリバー 3761は、「リファレンス 57260」を担当した時計師のチームよって特別に開発されました。

806個のパーツから成る手巻きムーブメントは、トゥールビヨンで調速し、ウェストミンスター・チャイムによるグラン・ソヌリとびプチ・ソヌリにミニット リピーターが組み合わされています。時計のさまざまな複雑機構の中でも、グラン・ソヌリを搭載するモデルは、常に特別なオーラを放っています。その理由は、複数のゴングを叩く複雑なストライク機構が本来備わっているだけでなく、音楽的な特性も要求されるからです。

オフィサー・タイプのケースバック カバーには、ジュネーブ技法で繊細に描かれたミニチュア・エナメルが配され、オランダの画家ヨハネス フェルメールが1665年頃に描いた『真珠の耳飾りの少女』が再現されています。巨匠の作品を再現する挑戦に加え、それをさらに難しくさせたのは、直径98㎜という桁外れのサイズです。ケース側面は、アカンサスの葉とチューリップから成るフリーズ模様で飾られ、巨匠の絵画に合わせて「パール」、すなわち真珠のような粒状の縁取りが添えられています。また、ボウは、ゴールドのブロックから彫り出された2頭の咆哮するライオンの頭で飾られています。

 

Vacheron Constantin - Bespoke - ブティックでのアポイントを手配する

ブティックでのアポイントを手配する

全てのコレクションをご覧になったり、専門家のアドバイスを受けたりすることができます。ゆっくりと時間を設け、お客様のあらゆるご要望にお応えいたします。

ブティックを探す