Jump to main content

レ・キャビノティエ

18世紀、ジュネーブの経験豊富な熟練の時計職人たちは、市街の建物の最上階に設けられた「キャビネット」と呼ばれる、自然光あふれる工房でその才能を発揮していました。顧客からの特別な注文を受けて並外れた複雑時計を製作していた、いわば錬金術師のような職人たちは「キャビノティエ」と異名を取るようになりました。技を極めたマスターウォッチメーカーの彼らは、豊富な科学的知識を身につけながら、当時の哲学が育んだ新しい思想に対しても好奇心を抱き、それらを工業的手法や手作業の専門技術に生かしていました。

「レ・キャビノティエ」とは、卓越した技術と美的デザイン、そして芸術的挑戦を意味します。


ビスポークのサービス

ビスポークのタイムピース製作は、ヴァシュロン・コンスタンタンが積極的に追い求める天職です。熟練の時計師や経験豊富な職人の正確な指の動きから作り出されるこれらの1点物の作品は、卓越の限界を常に押し広げていきます。

これまでにない世界で最も複雑な時計

メゾンは、オーナー様の要望を満たす卓越した作品を製作する伝統を今日まで継承しています。このアプローチは、マニュファクチュールの3人の熟練の時計職人によって以前製作された「リファレンス57260」が体現しています。このモデルは、開発に8年の歳月を費やし、57の複雑機構を搭載した真の傑作です。

Vacheron Constantin - レ・キャビノティエ - Video thumbnail

象徴的なタイムピース

これらのタイムレスで革新的な時計は、高級時計製造の伝統に最新技術を組み合わせています。

偉業の中でも、常に発展し続ける天文、アーミラリ・トゥールビヨン、グラン・ソヌリのグランド・コンプリケーションは、最高水準の高級時計製造を象徴します。

テーマに沿ったコレクション

毎年、レ・キャビノティエ部門は、メゾンが大切にする世界からインスピレーションを引き出し、メティエ・ダールによって全くユニークな作品を製作します。

 

メカニカル・ソヴァージュ


サバンナからジャングルへ、地上から大空へ、神話から実在へ、「メカニカル・ソヴァージュ」は、一点物の作品を集めた特別なコレクションであり、威厳のある野生動物たちのパワーが込められたモデルです。


エナメル、エングレービング、象嵌細工があしらわれ、ミニット・リピーターやパーペチュアルカレンダー、アーミラリ・トゥールビヨンの鼓動が響く「メカニカル・ソヴァージュ」は、今にも動き出しそうな生き生きとした様子を表現します。

 

Vacheron Constantin - レ・キャビノティエ - ブティックを訪問する

ブティックを訪問する

他では得られない体験を求めて

お問い合わせ