取得の3条件

極めて厳格な認定及び認証プロセス

head-img-obtention

現在、当検査局はTIMELAB(ジュネーブ時計製造マイクロ工学研究所、Laboratoired’Horlogerie et de Microtechnique de Genève)に統合されています。宣誓した検査官によって追跡調査が実施され、また企業内での検査によって強化され、最低でも月1回の検査が行われてい ます。

 

証明の取得は一定の極めて厳格な条件を満たしていなければなりません:

 

1.申請企業はジュネーブ州内に拠点を構えていなければなりません。また、申請企業はジュネーブ州内で時計の組立て、調整、ムーブメントおよび追加モジュール受け板のケーシングを行い、さらに時計本体の検査を実施しなければなりません。

 

2.ムーブメント、追加モジュール、外装部品はジュネーブ・シール技術委員会(Commission technique du Poinçon deGenève)の認可を受けなければなりません。この委員会は宣誓したメンバー7人で構成されています。これらの部品は続いて、ジュネーブ時計任意検 査局の検査官によって企業内で定期的に検査されます。

 

3.全ての時計本体はジュネーブ・シールの規則が定める基準に合格しなければなりません。防水性、作動精度、機能、パワーリザーブが検査対象となります。

 

ジュネーブ・シールが認定された時計は、ムーブメントとケースに公式紋章を掲げています。可能な限り、刻印(彫刻)はシリアル番号が付された部品上 に表示されねばなりません。ムーブメントが追加のメカニズムを含む際には、ジュネーブ・シールがメカニズムの受け板および/または受けのうちのひとつに刻 印されます。