2013年ヨーロッパのメティエ・ダール展

4月 2013

2013年ヨーロッパのメティエ・ダール展

2011年から、ヴァシュロン・コンスタンタンは200以上の、中には数世紀前から続くノウハウを持った文化の促進と継承に携わるメティエ・ダール展に参 加しています。2013年もマニュファクチュールは、フランス国内に加えてミラノ、ロンドン、ジュネーヴにおいても、ヨーロッパのメティエ・ダール展のメ セナとして、フランス国立工芸協会の下で情熱的な活動を続けます。

ロンドンでは今回初めて、4月4日から6日までウォルポールとパートナーシップを組みます。ウォルポールは卓越した高級品の販売促進をする英国の参考機関です。また手工芸職人が集まり、その価値と技術が豊かに継承される場所でもあります。ヴァシュロン・コンスタンタンはサマセット・ハウスにおいて、優れた芸術工芸(メティエ・ダール)を世界に広める「Crafted-Makers of the Exceptional」展覧会を支援しています。

フランスでは、4月5日から7日まで、ヴァシュロン・コンスタンタンはフランス国立芸術工芸協会とのパートナーシップにより、「創造の時代」をテーマとした特別展覧会をパレ・ド・トーキョーにて開催、現代に溶け込んだ伝統技術を紹介します。

ミラノでは、4月6日から14日まで、応用工学美術財団と のパートナーシップにより、ヴァシュロン・コンスタンタンは、ファンの皆様をスーパーステュディオ13にて開催される「アート&クラフ ト&デザイン‐アレッサンドロ・メンディーニと彼の職人たちが見た時代」へご招待いたします。イタリアの卓越したデザイナーによってデザインされ たこの展覧会は、時代をテーマにデザイン、芸術、卓越した技術をつなぐ新たな解釈を唱え、伝統と現代クリエーションの融合を推奨しています。

ジュネーヴでは、4月5日から7日まで、ジュネーヴ市とのパートナーシップにより、「装飾の裏側」というテーマに沿ったイベントが開催されます。10の文化機関が開放され、芸術工芸(メティエ・ダール)の職人たちとの対話に参加いただけます。ヴァシュロン・コンスタンタンは特別に、これらの文化機関の設立に関わるジュネーヴ美術・歴史博物館の展覧会に参加します。

これらの展覧会はそれぞれ、緻密、正確、卓越、美を合流させる、時代を超えた運命的な出会いを作ります。これは、保護されるべき偉大なる遺産の価値を認識 する唯一の機会です。また現代の価値観と伝統遺産を共生させるためのあらゆる可能性をめぐらせる唯一の機会でもあります。

www.journeesdesmetiersdart.com

「メティエ・ダール‐フロリレージュ」コレクション

「メティエ・ダール‐フロリレージュ」コレクション

エナメル細工技術

エナメル細工技術

ギヨシェ装飾技術

ギヨシェ装飾技術

ジュエリー・セッティング技術

ジュエリー・セッティング技術