ヴァシュロン・コンスタンタン、『マスターピース・ロンドン』に出展

2010年7月

ヴァシュロン・コンスタンタン、『マスターピース・ロンドン』に出展

今年6月、旧チェルシー・バラックスにて待望の新世代展覧会『マスターピース・ロンドン』が開催されます。プレビューが2010年6月23日、 一般公開は6月24日~29日の予定です。この『マスターピース・ロンドン』では、世界中の最高級の作品が展示されます。コレクションの分野は多岐にわた り、見ごたえのある豪華なセレクションをご堪能いただけるでしょう。

ヴァシュロン・コンスタンタンはこの画期的な展覧会に、高度な複雑機構、芸術的な装飾、卓越したクラフツマンシップが光る高級タイムピースの数 々を出展します。今回の出展作品の中には、「メティエ・ダール」コレクションの新作限定エディションであり、日本の漆技術である蒔絵を特徴とする「ラ・サ ンボリック・デ・ラック」も含まれています。

ヴァシュロン・コンスタンタンは時計製造技術、中でもエナメル装飾、エングレービング、宝石のセッティングのような芸術性の高い手工芸技術と高 度に専門化された装飾技術の継承および発展に熱心に取り組んでいます。展覧会場ではこうした伝統技術の実演が行なわれ、6月23日および24日にはエング レービング職人、25日および26日にはエナメル職人、27日から29日までは時計職人がそれぞれの技能を披露する予定です。 



かつてないスケールで多彩な逸品をご紹介するこの『マスターピース・ロンドン』は、装飾的に優れた美しい美術品と、希少価値の高いコレクター ズ・アイテムが一堂に会する初の展覧会です。ヴァシュロン・コンスタンタンは、ブランドの価値観とこの展覧会の主旨が共鳴していること、そして芸術と文化 への深い関与を評価され、このユニークなイベントへの出展が実現しました。

メティエ・ダール「ラ・サンボリック・デ・ラック」

メティエ・ダール「ラ・サンボリック・デ・ラック」