米国で「A Journey Through Time(時を超えた旅)」を開催

2010年7月

ヴァシュロン・コンスタンタンによる豪華な装飾

2010年3月 - 2010年3月11日、ヴァシュロン・コンスタンタンとロサンゼルスのアンバサダー、Westime(ウェスタイム)がビバリーヒルズの由緒ある邸宅で「A Journey Through Time(時を超えた旅)」と題した展示会を開催しました。北米ヴァシュロン・コンスタンタン社長を務めるユーグ・ド・パンとウェスタイム最高執行責任者のグレッグ・シモニアンがVIP顧客やブランドの支持者を前に挨拶し、255年もの間、ヴァシュロン・コンスタンタンを時計製造の頂点として維持し続ける伝統技術を紹介しました。ヴァシュロン・コンスタンタンとウェスタイムは、会場となった邸宅を歴史的な旅を表現するよう改装し、通常はジュネーブにあるヴァシュロン・コンスタンタンのミュージアムが所蔵しているタイムピースを展示しました。ヴァシュロン・コンスタンタンは1907年に発表され、2007年に限定モデルとして復刻された懐中時計、クロノメーター・ロワイヤルを展示。さらに、オリジナルモデルの横には新作「エクストラフラット 1955」と「エクストラフラット 1968」も展示されました。いくつかの作品はモデルが実際に着用して紹介し、ゲストは豪華なタイムピースはもちろん、美しい会場の雰囲気を堪能しました。イベントのハイライトには抽選が行われ、ゲストの一人にスイス・ジュネーブにあるヴァシュロン・コンスタンタン マニュファクチュールへの招待旅行が贈られました。

抽選当選者

抽選当選者

ヴァシュロン・コンスタンタンの美しいショーケース

ヴァシュロン・コンスタンタンの美しいショーケース