時計製造における卓越性の極み

2010年3月

時計製造における卓越性の極み

時計製造における卓越性の極み

もっともシンプルなものから複雑なものまで

ミラノにあるピサ・オロロジェリアのドリームルームでは、3月10日から13日までの間、ヴァシュロン・コンスタンタンのコレクションをご紹介するとともに、250年以上にわたって マニュファクチュール が作り続けてきたすべての時計を代表する作品を発表いたします。

限定モデルのシリーズや本年のジュネーブ・サロンで発表される新作など、ヴァシュロン・コンスタンタンの中でも特別なモデルが、ここイタリアで初公開されます。

単純な時間表示のみのモデルから グランド・コンプリケーション  まで… そして超薄型モデルからトゥールビヨン搭載のパーペチュアルカレンダー付ミニッツリピーターやタイムイクエーションのような芸術作品まで…。ヴァシュロン・コンスタンタンの時計が一流であり続ける理由は、その伝統、総合的な技術、美的センス、精巧さにあります。そして、これらの特徴は今日も時計職人によって守られ続けているのです。