トラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダー

これは鼓動のストーリーです。鼓動はあなたの気持ちとともに、早くなったり、遅くなったり、時には止まったりします。鼓動は「美しい高級時計づくり」のテンポを刻みます。鼓動に耳をすませ、鼓動を友にし、鼓動を感じてください。そして、感情の鼓動に従ってください。#VCSIHH に夢中になるでしょう。

ユーザーが2通りの振動数を選べる腕時計。

現代のアクティブなライフスタイルに合わせて考案されたトラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダーは、実際に着用した場合は、高速振動で動き、文字盤には、時、分、日付、月、閏年周期、パワーリザーブを表示します。

 

腕時計を着用しないときは、自社製キャリバー3610 QPを低振動に切り替えて、パワーリザーブを少なくとも65日間まで延長することができます。

高速振動のアクティブ・モード(5Hz)と低速振動のスタンドバイ・モード(1.2Hz)が時計機能を損なわずに切り替えられる特許出願中のシステム。

スタンドバイ・モードにより、パワーリザーブを驚異的な範囲(65日間以上)まで延長することを実現。

複雑機能ならびに延長パワーリザーブが備わっているのにもかかわらず超コンパクト(直径42mm、厚さ12.3mm)。

機能が「永久に作動」するという理想に近づけたパーペチュアルカレンダー。

トラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダーに用いられている特許出願中の機械式システムは、アクティブ・モード(5Hz、毎時3万6,000回)と、スタンドバイ・モード(1.2Hz、毎時8,640回)を瞬時に切り替えられることができます。

 

トラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダーに用いられている特許出願中の機械式システムは、アクティブ・モード(5Hz、毎時3万6,000回)と、スタンドバイ・モード(1.2Hz、毎時8,640回)を瞬時に切り替えられることができます。

創意工夫の製作

ムーブメントのプレートブリッジにはコート・ド・ジュネーブの装飾模様に加え、NACという処理が施されています。このダークカラーのコーティングは、同じように見える他の表面処理に比べて格段に耐久性を向上させます。

文字盤にはまさに18世紀に遡る技法のギヨシェ彫りとフロスト仕上げを現代的にアレンジし、その表面にクリーンな放射状のギヨシェ模様が刻まれ、サンドブラスト仕上げが施されています。

この文字盤は、伝統と現代を完璧に融合するために、主要な部分を二つに分け、何工程も経て作られました。文字盤の中心部に、手彫りのギヨシェ模様で装飾したゴールドの部分を置き、それを取り囲む文字盤の外周はサファイアクリスタルで作られています。

このサファイアクリスタルの部分にゴールド製のインデックスが配置され、さらに、レーザーエングレービングとインクの装填を行い、滑らかに連続して境目のない外観を作り上げています。