Vacheron Constantin - 常に最善を尽くすこと、それは常に可能である - Header

常に最善を尽くすこと、それは常に可能である

1819年7月5日にフランソワ・コンスタンタンが書き残した、今日メゾンのモットー となっているこの一文には、ヴァシュロン・コンスタンタンの精神がよく表れています。何世紀にもわたって、メゾンは、伝統と革新を融合させ、技術やデザイン、芸術、優れた人材を駆使して、時間についての独自のビジョンを形にしてきました。大空の制覇、偉大な冒険家の足跡を辿る旅…。それがどのようなものであれ、完璧な仕事へのこだわりと職人の腕を活かしながらひとつひとつの挑戦に臨んでいるのです。

メティエ・ダール
詳細を見る
レ・キャビノティエ
詳細を見る
ジュネーブ・シール
詳細を見る
260年の歴史
 
詳細を見る

260年前から途切れることのない卓越性

ヴァシュロン・コンスタンタンは、1755年の創業以来260年にわたって途切れることなく創造・成長・自己改革を続けてきた世界最古の時計マニュファクチュールです。卓越した時計製造技術とスタイルの追求に基づいて、世代を超えて受け継がれるメゾンの優れた職人たちの豊かな伝統から生まれるタイムピースは、高級時計に固有の価値観を体現しています。まさに、比類ない技術とデザインのシグネチャーなのです。

メゾンの歴史

永続性のシンボル、交流

ヴァレ・ド・ジューからジュネーブのプラン・レ・ワットのマニュファクチュールまで、すべてがヴァシュロン・コンスタンタンが大切にする「調和」のエスプリを採り入れて造られています。芸術性、機敏さ、そして人の交流を促すことがメゾンの意図するところであり、マニュファクチュールのDNAを反映する原動力として、この人類の冒険に日々インスピレーションを与えているのです。大胆さと永遠性は、ヴァシュロン・コンスタンタンの歴史においてきわめて重要なキーワードです。

 

  • Vacheron Constantin - 常に最善を尽くすこと、それは常に可能である - 細部に至るまで卓越性を追求

    細部に至るまで卓越性を追求

    マニュファクチュールでは、職人が伝統と革新を結び付け、それぞれの作品を唯一無二の逸品に仕上げながら、卓越性を求め続けています。

    ジュネーブ・シール

芸術の域に高められた美術工芸

一切の妥協やミスも許されない、多大な謙虚さが求められる作業。マニュファクチュールにおいて、親方から弟子へと代々受け継がれる匠の技には寸分の狂いもありません。感動を呼び起こす類まれなるタイムピースは、職人ひとりひとりの質の高い作業があってこそ生まれるものなのです。

 

美術工芸 - メティエ・ダール

途方もない夢の化身

ジュネーブのレ・キャビノティエの熟練時計職人たちは、大胆さと独自性を融合させながらさまざまな挑戦に臨み、自らに厳しく、根気良く、一点物や特別なムーブメント、特別注文の時計の製作に専念してきました。考えも及ばぬような作品を実現するためには、作業全体において革新と創造の精神が欠かせません。傑作と呼ぶにふさわしい、時代を超えた希少な作品の数々です。

レ・キャビノティエ