文化事業におけるパートナーシップ及び支援先

ジュネーブ大劇場

シーズン2012〜2013年にジャン-ジャック・ルソーの生誕300年を記念して、ヴァシュロン・コンスタンタンはジュネーブ大劇場およびジュネーブ市主催の新オペラ「JJR(ジュネーブ市民)」の制作を支援することに決めました。フィリップ・フェヌロン作曲、イアン・バートン脚本、ロベール・カーセン演出のこのオペラは、哲学者ジャン-ジャック・ルソーが生涯の様々な時期に論じた重要なテーマを舞台作品にしています。「JJR(ジュネーブ市民)」は生誕300年記念の重要なイベントになることでしょう。ジュネーブ大劇場を支援するとこで、ヴァシュロン・コンスタンタンはマニュファクチュールの発祥地であるジュネーブの文化の発展に貢献しています。

 

マニュファクチュールの発祥地である
ジュネーブの文化の発展に貢献しています。

 

2013-2014年のシーズンから、ヴァシュロン・コンスタンタンはジュネーブ大劇場バレエ団とパートナーシップを提携し、国際的に著名なバレエカンパニーを支援しています。

 

www.geneveopera.com