文化事業におけるパートナーシップ及び支援先

バルビエ・ミュラー美術館文化基金

250年以上脈々と続く歴史を誇るヴァシュロン・コンスタンタン。そのリーダーたちは、前世代から受け継がれてきた遺産とノウハウの重要性を強く認識しています。

 

ヴァシュロン・コンスタンタンによるバルビエ・ミュラー美術館文化基金 の創立は、まさにそうした精神に基づくものです。この基金は知られざる文化に焦点を当て、そこに伝わる伝説、伝統、社会的・政治的構造に関する主要な要素を保存することを目的としています。

 

その真髄を保護するために、知られざる文化を継承・伝授し永続させます。

 

ヴァシュロン・コンスタンタンというマニュファクチュールは、その専門性の礎となる遺産を永続させ、人間的な価値観を継承することに情熱を注いでいます。そうした姿勢の一環として、ヴァシュロン・コンスタンタンは様々な民族によって長年培われてきた関係性を研究する民族学者および文化人類学者の支援に取り組んでいます。

 

知識の継承という責任は、時計製造の中核を成すものでもあります。ご存じの通り、時計製造とは何よりも文化的な現象であるからです。そのような理由に基づき、成熟した社会的組織として、ヴァシュロン・コンスタンタンは誇りを持ってバルビエ・ミュラー美術館文化基金に支援を提供し、また世界全体を視野に入れた幅広いアプローチの追求を奨励しています。

 

www.fondation-culturelle-barbier-mueller.ch