歯車装置

時回り輪列の歯車

- 上下面とも面取りを行わなければいけません。
- 厚さ0.15mm以下のものについては、片面のみの面取りでかまいません。
- くり形面はポリッシュ仕上げとします。
- 厚さ0.15mm以下の歯車受け板については、片面のみでかまいません。
- 受け板のくり型がポリッシュ仕上げされている場合、その向きおよび形状を選択できます。
- 受け板のアーム、車輪ハブ、リムは面取りを施さなければいけません。
- シャンクやホゾの機能部品は、表面も含め、なめらかに仕上げなければいけません。
- その他の部品は、製造の痕跡を取り除くためにポリッシュ仕上げを施さなければいけません。
- カナの各面は、製造の痕跡を取り除くための加工を施さなければいけませんが、その際、先端に丸みをつけたり、刻み目をならしてはいけません。研磨、研削、あるいはその他すべての仕上げは、この条件に違反しない限り認められます。
- カナのフランジはポリッシュ仕上げをしなければならず、その際アーチの機能部分を変更してはいけません。

歯車、小鉄車および時回り輪列以外の輪列

- 加工の痕跡を取り除くための加工を施さなければいけません。
- 研磨可能な使用素材であれば、各歯にポリッシュ仕上げを施さなければいけません。
- アームホイールの受け板は、時回り輪列の受け板と同じように加工する必要があります。
- 角穴車と丸穴車は、すべての歯に面取りとポリッシュ仕上げを施し、製造の痕跡を取り除くための装飾を施さなければいけません。