ムーンフェイズウォッチ

"ヴァシュロン・コンスタンタンのムーンフェイズウォッチは、高級腕時計製造の分野と天文学の分野とを結びつける古来からの関係を象徴するものとして、最高級の腕時計製造の伝統の中で開発および製造されています。
ムーンフェイズウォッチは、太陰周期の進化(新月、上弦、満月、下弦)を示す時計です。この腕時計は、ピニオン歯車の隣にはめ込まれ、29日12時間45分間続く1サイクルを区画するため、別途歯車が使用されている点が特徴です。このように太陰周期の1周期あたりちょうど57秒の差異、つまり1日につき2秒未満の差異が生じます。したがって、ヴァシュロン・コンスタンタンのムーンフェイズウォッチの手動での調整は、高精度のムーンフェーズ表示の場合は122年に1回、単純なムーンフェーズのバージョンの場合は3年に1回必要となります。"

その他の基準