トゥールビヨンウォッチ

ポケットウォッチは1795年に発明されました。トゥールビヨンは、すべての機構に与える重力の有害な影響の問題に対し、創意工夫に富んでいるものの、そ の実現が極めて困難であったソリューションによって対処する機構でした。トゥールビヨンウォッチを制御する装置は、ムーブメントの調整機関、すなわち、テ ンプ、ひげぜんまい、脱進機を収容する可動式のキャリッジで構成されています。常に回転しているトゥールビヨンは、この調整機関を常に360°回転させる ことにより、調整システムに、ひいてはムーブメントの精度に及ぶ重力の経時的な影響を相殺します。ヴァシュロン・コンスタンタンのトゥールビヨンウォッチ は、このようにして最高の精度が与えられているのです。

その他の基準