ひげ持、緩急針

  • ヒゲぜんまいは、頭付で、円頚部を持つヒゲ持ちを備えた滑り板に固定されなければいけません。

  • 可動ヒゲ持ち受けは、その位置が固定される場合は使用することができます。

  • 調整式あるいは切れ目入り緩急針は、保持装置がある場合のみ使用することができます。ただし、超薄型キャリバーについては、保持装置はなくてもかまいません。

  • 回転半径可変テン輪を備えた調速機構は使用することができます。