ダイヤモンドウォッチ

ヴァシュロン・コンスタンタンのダイヤモンドウォッチは、自社内の芸術的な技能を備えた職人のうち、熟練のジェムセッター1名が担当する正確で綿密な作業によって生まれます。このジュエリーの熟練工は、マニュファクチュール内の専用の工房で、メゾンが守り続けてきた品質基準との完全な調和を図りながら、ダイヤモンドウォッチのサイズと光を反射させる方向に合わせて、宝石をダイヤモンドウォッチに配置していきます。ヴァシュロン・コンスタンタンは、自社の企業価値に合わせて、ワールド・ダイヤモンド・カウンシル(World Diamond Council)の保証システムを厳守しているサプライヤのみからダイヤモンドの供給を受けています。この方法は、キンバリープロセスに基づき、ダイヤモンドウォッチに使用するストーンが合法的な供給源に由来すること、供給側が紛争への資金供給に一切携わらないこと、またこの領域の国連の決議に準じていることを保証するために取られています。

その他の基準
ヴァシュロン・コンスタンタンの新商品
ヴァシュロン・コンスタンタンのキャリバー
さらに絞込み
ヴァシュロン・コンスタンタンの新商品
ヴァシュロン・コンスタンタンのキャリバー
さらに絞込み