フィフティーシックス

1956年に発表されたアイコニックなヴァシュロン・コンスタンタンのモデルを想起させる名前と数字。まさにコスモポリタンスタイルを演出する、親しみやすくエレガントでモダンなコレクションは、クラシックな文字盤と大胆なデザインのケースとのコントラストが個性を表現しています。ケースは、メゾンのマルタ十字のロゴから着想を得ています。また、オープンワークのピンクゴールド製ローターにも、マルタ十字が象られています。



現代的なエレガンスの再解釈

「フィフティーシックス」コレクションは、アイコニックなモデル「リファレンス6073」に捧げられたオマージュ。このモデルでは伝統への敬意と革新への意欲がしっかりと結びついていました。ヴァシュロン・コンスタンタンが大切にするこの2つの融合は、現代的なエレガンスと親しみやすい雰囲気を併せ持つ洗練されたコレクションとして現在に受け継がれています。力強い個性を持つコスモポリタンなスタイル。これこそが新しい「フィフティーシックス」のシグネチャーです。

「フィフティーシックス」コレクション



クラシカルな大胆さからの着想

クラシカルな文字盤、大胆なデザインのケース、アヴァンギャルドな技術性。「リファレンス6073」モデルは、1950年代のメゾンの独創性と洗練された技術を完璧に体現しています。多くの点で今も欠くことのできないモデル。ラウンド型で薄くエレガントなこの時計は、マルタ十字の4枝をアレンジしたラグを持つケースがとりわけ印象的です。

「フィフティーシックス」コレクション

ベンジャミン・クレメンタイン

「ハーモニーの追求に終わりはない」シンガーソングライターであるこの「職人気質のミュージシャン」は、完璧な音を絶えず探し求めています。 「One of not many」のエスプリ。

"One of not many"



ムーブメントが刻むリズム

「フィフティーシックス」コレクションは、テンポや状況に関わらず、その魅力をアピールします。「フィフティーシックス」コレクションのモデルは、「リファレンス6073」に用いられていた自動巻きムーブメントを称えるのと同時にユーザーの使い勝手も考慮して、コンプリートカレンダーやデイ/デイトといった複雑機構モデルを含む全モデルに自動巻きムーブメントを採用しました。また、シースルーケースバックからは、繊細な仕上げが鑑賞できます。完璧に書き込まれた楽譜を思わせる美しさです。

「フィフティーシックス」コレクション



精密さと厳密なユニゾン

精度を高めるために使用されてきた、かつての機械式ムーブメントのある部品の形から着想を得たマルタ十字のシンボルは、今日では卓越した時計製造技術そのものを象徴するものとなりました。「フィフティーシックス」モデルのデザインは、まさにそのことを想起させます。ケースのラグは、マルタ十字の4枝からインスピレーションを得たものであり、その独創的なデザインは、時計愛好家にとって特別な魅力となっています。リュウズと文字盤の配置が、メゾンと切り離すことのできないこの特徴を最も優雅な形で演出します。リズムを刻むのは、このコレクションのためにデザインされた新しい22Kゴールド製ローター。美しい賛歌を奏でます。

「フィフティーシックス」コレクション

ブティックでのアポイントを手配する

アポイントをとる ブティックを探す